menu

WEB戦略で広く伝える

℡:050-3159-6564
お問い合わせはこちら

スマホとネットの関係

公開日:2016年08月23日 カテゴリー:コラム タグ:
街でスマホ

スマートフォンがもたらしたネット社会

スマホが身近になり、社会現象とも呼べるスマートフォン依存症という言葉を耳にするようになりました。ネット検索やアプリの利用で、今まで以上に情報を得やすくなり、その配信方法をより深く見直すタイミングに来たと考えています。 とくに、集客方法としてのホームページの価値観は多様化され、集客の入口がホームページ以外でも対応可能になった事例にアプリがあります。 アプリは、スマートホンに簡単にインストールでき、特定のコンテンツが配信されるシンプルなものから、簡単なゲームをクリアしてクーポンになるものまで、アプリの内容は多彩なサービスで活躍しています。 また、街を歩く人はスマホで検索を当たり前のように扱い、初めて訪れる場所やもの探しを楽しんで散策しています。 この時、必ずしもグーグルやサファリで検索しているかというとそうではありません、SNS系のアプリや情報配信型アプリでも検索ができる仕組みがたくさんあります。 最近では、ゲーム目的で街に出るという現象も起きており、ホームページの集客というよりも、WEBの仕組みで集客という、もっと大きな枠組みでとらえていかないといけないと考えさせられます。